ズラタン・イブラヒモヴィッチが復帰したミラン。直近のコッパ・イタリアではスパルを3-0で撃破した。

そのなかでテオ・エルナンデスが突き刺した3点目のゴールは圧巻だった。イブラも拍手を送ったスーパーシュートがこれだ(以下動画2分28秒~)。

自らパスカットから突進して強烈な一撃でぶち込む!これは文句なしのスーパーゴールだ。

22歳のテオは今季レアル・マドリーから完全移籍した選手。彼は2017年に性的暴行を受けたとある女性から訴えられた。

だが、『Marca』によれば、訴えを起こしたロシア人モデルが虚偽告訴罪で逮捕されたとのこと。

彼女はクラブの駐車場で性的行為を拒否した際に暴行されたと主張していた。だが、昨年の公判では証言が矛盾していると訴えは棄却。

また、駐車場のビデオには暴力行為は映っておらず、彼女はテオと一緒に何事もなくクラブに戻っていたことが判明したという。さらに、女性に対する検査で2人に性的関係があったことは判明(テオも関係は認めている)したものの、テオから飲まされたと訴えていたドラッグの痕跡は見つからず。

そういったこともあり、検察側は犯罪を捏造したとして女の拘束を求め、逮捕に至ったとのこと。