サッカーを観戦するにはもちろんチケットが必要になる。そして1シーズンのホームゲーム全てに入場できるのが「シーズンチケット」だ。

通常かなりの金額(1年全てなので当たり前ではあるが…)がかかるものだが、不調だったアーセナルのファンが1500~2000ポンド(およそ18.4~24.5万円)もするチケットを投げ捨てた場面も話題に…(動画4:23~)。

長期的なものだけになかなか難しいところもあるものだが、なんと今回イングランド2部のシェフィールド・ウェンズデイが「複数年シーズンチケット」を発売したという。

3年チケットは最大1880ポンド(およそ27.36万円)、5年は最大3120ポンド(およそ45.41万円)、そして10年は最大6400ポンド(およそ93.14万円)となっている。

10年シーズンチケットがなぜか割高?と気づくだろうが、この10年もののみさらにユニークな点がある。

この10年間の期限がスタートするのは「プレミアリーグに昇格した年から」なのである。

つまり、シェフィールド・ウェンズデイが2部以下で戦っている間はずっと「タダで試合が見られる」ということに…!

しかも、このチケットはクラブに買い戻ししてもらうことが可能。加えて今季から5年以内に昇格すればさらにボーナス期間がプラスされる。

今季昇格なら5年がプラスで15年。昇格が1年遅れるごとにボーナス年数も1年ずつ減っていくが、2023-24シーズンに昇格した場合でも1年プラスで11年のシーズンチケットに。加えて追加料金は必要ない。

さらに、昇格するまでは10年のカウントダウンがスタートしないため、2部以下にいる限りはずーっとタダに。10年シーズンチケットホルダーにとっては昇格してもらったほうがいいのか、2部にいたほうがいいのか…。

もちろんクラブにとっては損失にもなる可能性があるため、このチケットは限られた数だけの発売になるそうだ。