プレミアリーグで苦闘するアーセナル。クリスタル・パレスとの第22節には1-1で引き分けた。

エースFWピエール・オーバメヤングは先制点を叩き出すも後半に一発退場。人生初となる一発レッドカードを提示されたシーンがこれだ。

倒れ込みながら、マックス・マイアーの足首を削るような形に…。

意図的には見えず、当初はイエローカードだったものの、VARによって一発レッドに変更された。

オーバメヤングはドルトムント時代のルールダービーで退場(イエロー2枚)になったことがあるものの、一発レッドはこれが初。アーセナルのミケル・アルテタ監督は「正直、ナスティに見えた。Aubaを知っているので、彼にあんなタックルをする意図はない。相手が怪我をしていないことを願うし、申し訳ない」と述べていた。

一方、この直後に負傷交代になったマイアーについて、ロイ・ホジソン監督は「靭帯にダメージがないとすれば驚きだ。だが、月曜日になるまでは分からないだろう」と重傷の可能性も示唆していたという。