1月になり、移籍市場が活発になってきた。

南野拓実の同僚だったノルウェー代表FWアーリン・ホーランはドルトムントへ移籍。相棒だった南野のアシストを受けて、CLではこんなゴールも決めている。

デカいのに速くて上手い!

マルコ・ロイスは19歳の怪物FWの加入を喜んでいる。『Sky』に対してこう述べたそう。

マルコ・ロイス(ドルトムントFW)

「Lewy(ロベルト・レヴァンドフスキ)以来、僕らにはこういうタイプの選手がいなかったと思う。

彼は僕らはもっとフレキシブルになれる機会を与えてくれる。それは僕らを気分よくさせてくれるよ。

今の彼はフィットし、みんなのことをしっかりと知る必要がある。

僕らもそうだ。彼と一緒にやる必要がある、彼の強さとともにね。

でも、全ては時間が経つにつれて起きるはずさ」

「パコ(・アルカセル)は加入当初は爆発したけれど、怪我が長引いていしまった」

レヴァンドフスキ以来となる選手と期待しているようだ。また、ロイスはホーランの性格はとてもオープンとも話していたそう。