日本代表FW南野拓実が加入したリヴァプール。地元出身のキャプテンとして長らく活躍した選手といえば、スティーヴン・ジェラードだ。

マンチェスター・シティ戦でこんなドライブシュートを叩き込んだこともある(以下動画1分20秒~)。

シュート力が段違い!

そのジェラードはジョゼ・モウリーニョ時代のチェルシーとレアル・マドリーへの移籍話があったものの、それを固辞したとされている。

『Marca』によれば、盟友ジェイミー・キャラガーのポッドキャスト配信『Greatest Game』でこんな秘話を明かしたという。

スティーヴン・ジェラード

「移籍してモウリーニョのためにチャンピオンズリーグでプレーするのを想像してみてくれ。

それはアンビリーバブルな経験になっただろう。当然そうなったはずだ。でも、そうはならなかった。

マドリーは私が退団するためにリヴァプールで戦争を起こして欲しいと思っていた。

それがありえた唯一の方法だった」

2010年にモウリーニョからレアル移籍を誘われていたジェラード。退団するためにはリヴァプールと喧嘩するしかなかったというがそうはしなかったという。

また、2008-09シーズンのCLで対戦した際にはラウールからピッチ上で去就について尋ねられたこともあったそう。

ジェイミー・キャラガー

「君がキャプテンであるラウールからピッチ上で言われたことを私に伝えたことを覚えている。

ラウールが『うちに来るの?』って言ったと」

スティーヴン・ジェラード

「完全なタンパリング(誘い)だったかどうかは分からない。でも、ちょっとしたものがあった。

ちょっとした浮気がね。大きなことではなかったよ」

ラウールが直接聞くほど当時は現実味があった話だったようだ。