今季は前半戦でキャプテンを剥奪されるという事件があったアーセナルMFグラニット・ジャカ。クリスタル・パレス戦では交代時にファンを挑発するような振る舞いをし、ウナイ・エメリ監督から苦言を呈された。

しかし、監督がミケル・アルテタに変わってからはスタメンの機会が増加し、先日のリーズ戦でも90分フル出場した。

2部のチーム相手にホームで41%しかボールを保持できず厳しい内容だったが、魂のディフェンスで…!

かつてリヴァプールでプレーしたMFダニー・マーフィーは『Talksport』でジャカについて以下のように話したという。

ダニー・マーフィー

「もしジャカがリヴァプールでヘンダーソンとファビーニョとともにプレーしていたら、とんでもない選手に見えるだろうね。

なぜなら彼は技術的にも素晴らしい、いいパサーでもある、スゴいシュートもあり、ロングレンジに対応できる左足もあるからだ。

しかし、少し苦しんでいるチームの中でプレーする場合、彼は守備で足手まといになり、その責任を負わされる。

それがミケル・アルテタにとってのジレンマだろうね。彼には少し手を加えなければならないチームがあるからね」

もしちゃんと守備面でサポートされるチームでプレーしていれば、もっと評価されるはず…という解説だった。