今冬のマーケットでレッドブル・ザルツブルクからボルシア・ドルトムントへ移籍することが決まったノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

前半戦でもたらしたすべてのゴールがこれ!なんとも末恐ろしいタレントだ…。

彼はマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されていたものの、最終的にはドルトムントを選択。なぜそうしたのか?『Daily Mail』によれば、彼はこう話したという。

アーリン・ホーラン

「クラブが直接伝えてくれたんだ。『我々の前線に君が必要だ。プレースタイルが好きだし、ここに連れてきたい』と。

彼らの対応が好きだったし、それが僕を動かした。ドルトムントが一番相性がいいと感じさせてくれたのはそのときだよ。

僕はとてもダイレクトなプレーヤーだ。できるならば常にゴールへまっすぐ進んでいくだけだ。

それが一番得意なことだよ。一生懸命努力して、ゴールを決めるのが好きだ。サッカーをするのが好きだ。

また、どんな選手なのかはみんなに目で見て欲しい。あまり喋りたくないんだよ」

ドルトムントのクラブ首脳から直接誘いを受けたことによって、自分が必要とされていることを感じたようだ。

マンチェスター・ユナイテッドはミーノ・ライオラ代理人への手数料を支払うことを嫌がっていた…とも言われているが、真実はいかに。