通常のキックとは違い、軸足の方でボールを蹴り出すプレーが「ラボーナ」。

トリックプレーとしてはメジャーなものだが、正確にパスやシュートに持ち込むのは難しい。

そんなプレーをフットサルで試みた選手が「最悪のラボーナ」だったと話題になっている。それがこれ。

そう、動くボールをラボーナしようとすると軸足が追いつかずにこうなるのである…。

この年末年始に友人とフットサルをしたいという方も多いだろう。このようにならないよう気をつけたいところだ。