南野拓実と奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ最終戦でリヴァプールと激突した。

勝利すれば決勝トーナメント進出の可能性があったホームでの一戦では奮闘を見せたものの、0-2で敗れて敗退が決定(今後はELへ)。

そんな一戦では19歳の怪物FWアーリン・ホーランが不満を爆発させるシーンも。それがこれ。

結構キレてる…。

これはリヴァプールが2点目を奪った直後の出来事。ホーランは受け取ったボトルに口をつけることなくピッチに思い切り叩きつけていたのだ。

試合前には「リヴァプールのファンの友達にも今夜はザルツブルクを応援してもらいたい」と語っていただけに悔しさが抑えきれなかった感じだろうか。

リヴァプールやナポリ相手に健闘したザルツブルク。リヴァプールのユルゲン・クロップ監督も「ザルツブルクがやったことをこれ以上ないほどリスペクトしている」と讃えていた。