ラ・リーガ第16節、バルセロナはホームでのマジョルカ戦に5-2で勝利した。

久保建英もフル出場した一戦ではリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンが揃ってゴール。

試合前にはメッシが相棒スアレスとこんな“キャッチボール”をしていたぞ!

この投稿をInstagramで見る
🔗 Rate their control from 9⃣-🔟
FC Barcelona(@fcbarcelona)がシェアした投稿 -

ロングボールを蹴り合いつつ、見事なトラップでボールをコントロール!試合前の恒例行事だが、やっぱりウマい…。よく見ると2人の後ろには久保の姿もある。

この試合で超絶ゴールを決めたスアレスは「グリーズマンは慣れていない新しいポジションに適応しなければいけない。僕らは彼のプレーにとても満足しているよ、簡単なことじゃないからね。彼の適応力を祝福するよ」と述べていたそう。