今年限りでロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となるズラタン・イブラヒモビッチ。現在イタリア・セリエAへの復帰が噂されており、ミランやボローニャ、ナポリなどに加入する可能性が高いと言われている。

『AS』によれば、彼は今回『GQ Magazine』のインタビューに答え、ユヴェントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドについて以下のように話したという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「イタリアで本物のロナウドを見つけられるか?ないね!

ロナウドは一人だけだ。ブラジル人のね。

彼(クリスティアーノ・ロナウド)は天性のタレントではない。ただ、あれは努力の結果だね。

7回もセリエAを連覇しているクラブに彼は加入した。そのようなチームに行くことは難しくない。

もし本当にチャレンジしたかったら、ユヴェントスがセリエBにいる時に行くべきだったね。そしてセリエAに昇格させ、トップに戻す必要がある」

先日のサッスオーロ戦、ロナウドがパウロ・ディバラの決定的なシュートをブロックしてしまった場面がこれ。

マウリツィオ・サッリ監督との関係が悪化しているとも言われており、このところやや評価を落としている。

イブラヒモヴィッチにとっては、ロナウドは今のところ「それほど眼中にない」存在なのかもしれない…。