ラ・リーガ第15節、アトレティコ・マドリー対バルセロナのビッグゲームが行われた。

アントワーヌ・グリーズマンの凱旋も話題になった一戦は白熱の展開に。

勝負を決めたのは、リオネル・メッシとルイス・スアレスとのワンツーだった。2人だけで奪った決勝ゴールがこれ(以下動画1分9秒~)。

アトレティコが固めるゴール前をワンツーだけで攻略!メッシのシュートも見事だが、スアレスの落としはまさに完璧だった。

後半41分に決まったこのゴールで、バルサは0-1で勝利。

試合後、セルジ・ロベルトは「チーム全体で成し遂げた。テアシュテーゲンは2つのシュートを弾き出し、レオ(メッシ)があのプレーで決めてくれた」とエースを讃えていた。