バルセロナでプレーする元スペイン代表DFジェラール・ピケ。彼は若くしてマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれた後、バルサに戻ってきた選手でもある。

そのピケが『Marca』のインタビューで、ユナイテッド時代の秘話を明かしていた。

ジェラール・ピケ

「あの街には自分にとってもとても暗いエピソードがあるんだ。

警察に厄介になったのは一度どころじゃない。

触れないほうがいいね…若き日の話さ(笑)」

「サー・アレックス(・ファーガソン監督)からアパートを借りていたんだ。

ウサギを買ってきたら、家を壊してしまった。

ウサギは椅子から何から全部噛んじゃってね。

僕が部屋を出ていった時、彼は電話してきて激怒していたよ。

(部屋に対して?)犬は大きすぎるから、ウサギを飼ったのさ」

ウサギが噛んだ家具を修繕をせずに去ったところ、ファギーから激怒されてしまったとか。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら