ウナイ・エメリ体制2年目を迎えたアーセナルだが、6試合勝ちから見放されるなど安定しない戦いが続いている。指揮官に解任の噂も出るなか、冬の移籍市場で動きはあるのか。

ここでは、『madaboutepl』による「アーセナルが1月に放出しなければいけない3選手」を見てみよう。

グラニット・ジャカ

グラニット・ジャカ

チームの負債になりつつあったなか、キャプテンに指名されたジャカ。

マッテオ・グエンドゥージがいいプレーを見せる一方、ミスしがちな彼のパフォーマンスは批判を浴びるばかりだった。

ジャカパスはボーナスになりうるが、彼のタックルは負債だ。ピッチをカバーする範囲も広くない。アーセナルはより動けて、パスを捌ける選手を使うべきだ。

エメリのもとで前進していくなら、MFたちの陣容は指揮官のスタイルに最適にフィットさせるべきだろう。ジャカはその答えか?ノーだ。

(エメリ解任ならジャカ残留という話も…)