ブラジルで行われているFIFA U-17ワールドカップ。

グループDの日本代表はセネガルに0-1で勝利し、首位での決勝トーナメント進出を決めた。

この試合で西川潤が決めた決勝ゴールがこれだ。

藤田譲瑠チマからのパスを受けた瞬間、見事なワーストタッチでDFを置き去りに!GKとの1vs1になると、冷静なフィニッシュでゴールを陥れた。

この日は後半20分からの出場だった西川。格の違いを見せつけるような見事なプレーだったが、試合後には「チマがいい感じでスルーパスを出してくれたので、自分はトラップして冷静に流し込むだけでした」と殊勝なコメントを残している。

日本のラウンド16は現地6日に行われる。