イスラエルのハイファでブラジルレジェンドとイスラエルチームとの試合が行われた。

平和と友愛のためと銘打たれた一戦は、ロナウジーニョやリヴァウド、ロベルト・カルロスら錚々たる面子が集結。

37歳になったカカも出場したのだが、女性主審から謎のイエローカードを貰ってしまった。笑うしかない仰天シーンがこれ!

何もしていないのにカードを提示され憮然とするカカ。その直後、女性主審はどこからかスマホを取り出し、カカと一緒にセルフィー!最後には全員笑顔になっていたが、こんなの見たことない…。

『FOX』によれば、女性審判はカカとセルフィーするため(試合を止めるため)にカードを提示したんだとか。また、第4審判も交代後のロベカルとセルフィーをしていたそう。