南野拓実も所属するレッドブル・ザルツブルクでブレイク中のノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

CL初戦では前半だけでハットトリックも成し遂げたほか、リーグ戦では10試合で12ゴールを叩き出している。

さらに、直近のラピド・ウィーン戦では衝撃的なスピードも記録。『Sky』によれば、時速36km/hという数値を記録したシーンはこれだそう(以下動画5秒~)。

相手選手をスピードで上回りPKを奪った場面で驚異的な速さを叩き出していたそう。

もう少し前のシーンからランニングを見たかったが…。また、この試合では別のシーンでも時速33km/hという記録もマークしていたとか。

194cmという巨漢にも関わらず速さまで兼ね備えているホーラン。1月にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍するとも噂されている彼のプレーからは目が離せそうにない。