バルセロナ復帰が実現せずにPSGに残留したネイマール。怪我から復帰した後はゴールを量産していたが、再び負傷離脱することになってしまった。離脱前はこんな絶品プレーもやっていたのだが…。

これぞネイマール!

怪我に移籍騒動もあった今年は2011年以降で初めてバロンドール候補から外れることにもなった。

そのネイマールについて、『Globo』が驚きのスタッツを伝えている。

2017年にPSG入りしたネイマール。PSGでの試合欠場率が50パーセントに達したという。

ネイマール加入後、PSGが戦ったのは126試合。そのうち、ネイマールが出場したのは63試合だという。ちょうど半数は欠場していることになる。欠場の理由は、11度の怪我や4度の出場停止など。

若い頃のネイマールは並外れたタフさも売りで、10代の頃からフル回転し続けてきた。だが、5割という稼働率は厳しい数字。来年で28歳になるが、ここから大復活はなるだろうか。