プレミアリーグ第9節、マンチェスター・シティは敵地でのクリスタル・パレス戦に0-2で勝利した。

怪我人続出で本職CBゼロで戦ったシティに得点をもたらしたのは、ガブリエウ・ジェズスとダビド・シルバ。2017年1月に加入したジェズスはシティでの通算得点数が50に到達した。

だが、この試合では痛恨シーンも話題になっている(以下動画4分25秒~)。

ボックス内でボールを受けたジェズス。ゴール前ではケヴィン・デ・ブライネが完全フリーで待っていたが、ジェズスが強引に放ったシュートは好セーブに阻まれゴールならず…。これにデ・ブライネは大きく手を振り上げて悔しさを見せていた。

とはいえ、ジェズスはシティで先発した64試合で58得点に絡む活躍を見せている。たまにはこういうこともあるだろう。『BBC』によれば、試合後にはこう述べていたそう。

ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティFW)

「僕らはいいプレーをした。ボールのあるところでもないところでもね、これは素晴らしいことだ。

ベルナルド(・シウヴァ)のクロスは素晴らしかった。嬉しかったよ、得点前に2,3回トライしていたからね。

パレスと戦うのはいつだって難しいんだ。

トライして得点を奪うために、常にパスをしなければいけない」

ベルナルド・シウヴァのクロスにダイビングヘッドで合わせたスーパーゴールは、上記動画35秒~。

シティはミッドウィークにCLアタランタ戦が控えている。