FIFAインターナショナルマッチウィークが終わり、週末から各国トップリーグが再開される。

プレミアリーグではリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドが激突。いまだ無敗の首位vs不調で12位に沈む宿敵同士のバトルは大きな注目を集めている。

この試合に向けては、解説者ダニー・ミルズの合体ベストイレブンも話題になっている。元イングランド代表DFの彼は、リヴァプールとユナイテッドの現選手を合体させた最強イレブンを作るという企画で全員をリヴァプールから選出。ユナイテッドからはひとりも選ばなかったのだ。

ただ、『Guardian』によれば、ユルゲン・クロップ監督はこう述べたという。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督

「『Sky』で合体イレブンを作って、11人をリヴァプール選手にするのはジョークみたいなものだ。バナナの皮を組み立てるようなものさ。

今の世の中はサーカスみたいなもので、我々はその中心にいる。私はその影響は受けない。

マンチェスター・ユナイテッドの強さには100パーセントの確信がある。

私はかなり楽観的であり、我々にはチャンスがある。

このケースではこれまでの歴史は重要ではないが、兆候を教えてくれる。

我々は自分たちのスタジアムで雰囲気を作り上げるのを好むし、それは非常に助けになる。

だが、オールドトラッフォードはその点でそれほど悪くない。

現時点で我々と対戦したいチームが多くいるとは思わないね」

ユナイテッドは強いとリヴァプールの完全優位説を一蹴しつつ、今の自分たちと戦いたいチームは少ないはずと自信も口にしていたようだ。

ただ、クロップのリヴァプールはオールドトラッフォードで一度も勝ったことがない(3分1敗)というデータもある。