アジア各地で行われているカタールワールドカップ予選。

イランは10日、本田圭佑が指揮を執るカンボジアとホームで対戦し、14-0の歴史的大勝を収めた。

イランでは1979年の革命以降、女性が男子サッカーをスタジアムで観戦することは禁止されてきたが、この試合でついに解禁。

大勢の女性サポーターがスタジアムへ詰めかけ、スタンドの一角を占めた。その様子がこちら。

この密度、そして熱!多くがイランの国旗カラーを身に着けており、この日を待ちわびていたことがひと目で分かる。

女性向けのチケット約3500枚は1時間で完売し、観戦できなかったサポーターがスタジアムの外にも溢れていたとか。

彼女たちの後押しを受け、大勝したイラン。現状女性の観戦は国際試合に限られているようだが今後の動向に注目したい。