国内最強助っ人だったエウケソンらブラジル人を帰化させた中国代表。元レッドブル・ザルツブルクのアランも中国国籍を取得したとされる。

そうした中、かつてブラジル代表や広州恒大を指揮したルイス・フェリピ・スコラーリ監督がこの件について語った。『新浪体育』によれば、こう述べたそう。

ルイス・フェリピ・スコラーリ

「(ヒカルド・グラールやエウケソン、アランが中国に帰化することを知っていますか?あなたは彼らととても親しい。中国サッカーにとってどんな助けになりますか?)

中国の選手帰化は知っているし、気にしている。

エウケソン、アラン、ヒカルド・グラールは私の選手だった。ともに働いたよ。

帰化した選手たちは中国代表に入ると思う。

ワールドカップに向けて、チーム全体が大きな助けを受けるだろう。

チームの技術と戦術は補完され強化されるはずだ。個々のポジションの強さも完全に改善される。

帰化選手は今後5~10年の中国サッカーの通常(規範?基盤?)になるだろう。

この件については、中国サッカー協会も中国クラブもとてもいい仕事をしたと思う」

教え子たちの中国帰化について、ポジティブな見方をしているようだ。