今夏のマーケットでシント=トロイデンからボローニャへと移籍した冨安健洋。

移籍金900万ユーロ(およそ10.8億円)とクラブ記録の額が動いたが、その期待に添えるだけのパフォーマンスをすでに見せつけている。

加入後右サイドバックで連続スタメン出場している冨安健洋は、今回「8月のクラブMVP」に選出されたぞ。

ファンに衝撃を与えた長友佑都ばりの「蹴り出しドリブル突破」も収められているぞ。

あのザッケローニ監督も「彼はパーフェクト。10億円は安すぎる」と話したという冨安健洋。ますます今後の活躍が楽しみになってきた。

なお、ボローニャは15日の午後10時(日本時間)からブレシアとの試合を控えている。残念ながらマリオ・バロテッリはまだ出場停止中で、冨安健洋との対戦はお預けとなる。