ついに始まったカタールワールドカップのアジア2次予選。日本代表は敵地でのミャンマー戦に0-2で勝利して白星発進となった。

18歳の久保建英は後半35分から出場。右SB酒井宏樹への絶妙ワンツーパスでチャンスメイクをするシーンも。会場も沸いた圧巻プレーがこれだ!(以下動画2分18秒~)

酒井にボールが出た瞬間、相手を引き連れて右奥のスペースに走った久保。このランによって空いたスペースに走り込む酒井に絶妙なタッチでワンツーを返してみせた。

久保は普段同様に18歳とは思えぬ堂々たるプレーを見せており、今後がますます楽しみだ。

日本代表は来月にホームでのモンゴル戦、アウェイでのタジキスタン戦が控えている。