プレミアリーグ第3節、ブライトン対サウサンプトン戦がファルマー・スタジアムで行われた。

試合前半にショッキングなタックルで一発レッドカードが提示されるシーンが…(動画1分2秒から~)。

ボールコントロールが乱れたブライトンFWアンドネ。その直後、相手MFヤン・ヴァレリーの足に飛び蹴りを食らわすような形になったのだ。

ボールをスクリーンしに行ったのかもしれないが、あまりに無謀なプレーだった。

元アーセナルの解説者ポール・マーソンは「レッドカード5枚を貰うべき。見てきた中で最悪のタックルのひとつ」と断罪。

『Independent』によれば、ブライトンのポッター監督は、擁護できないとしつつ、故意ではなかったと述べていたそう。

グレアム・ポッター(ブライトン監督)

「見直してみると、一発レッドだ。

ボールを守ろうとするためにやり過ぎてしまうFWがいる時は常に心配だ。そこにはDFの足もあるからね。

このようなタックルは擁護できない。フローリンは意図していたわけではないが、それでもいいタックルではないし、サウサンプトンに謝る。

ひどいタックルだったということは彼も分かっている。彼は謝った」

ヴァレリーは後半途中までプレーを続けており、幸い大事には至らなかったようだ。

なお、試合は0-2でサウサンプトンが勝利。吉田麻也はベンチ入りしたものの出場はなかった。