昨季限りでローマとの契約が満了となり、少年時代から所属してきた愛するクラブを離れることになったダニエレ・デ・ロッシ。

36歳という年齢もあってか一時期は現役引退の意思を固めたと伝えられていたが、その後アルゼンチンのボカ・ジュニオルスに移籍することになった。

かつての同僚であるSDニコラス・ブルディッソの誘いもあって、かねてから憧れていたというアルゼンチンリーグへと活躍の場を移す。

ブエノスアイレスに着いた彼を待っていたのは、熱狂するボケンセの歓迎!

リーベル・プレートとのスーペルクラシコを戦いたいと昔から考えていたというデ・ロッシ。

アルゼンチンリーグは今週末に開幕を迎え、ボカ・ジュニオルスは28日にウラカンとの試合を戦う予定だ。そして今季最初のスーペルクラシコは9月1日に開催される。果たしてデ・ロッシはそこで活躍できるのか?注目したい。