昨季限りでローマとの契約が満了となり、子供の頃から所属してきた愛するクラブを離れることになったダニエレ・デ・ロッシ。

一時はメディアで現役引退の意思を固めたと伝えられたが、その後アルゼンチンのボカ・ジュニオルスへ移籍することを決めた。

かつての同僚であるニコラス・ブルディッソの誘い、そしてデ・ロッシ自身がスーペルクラシコにあこがれていたこともあり、アルゼンチンに渡ることを決断したという。

そのデ・ロッシは24日にイタリアを発ち、南米へ飛んだ。その際の映像がこれだ。

「長い旅になるだろう。だけどとてもワクワクする。昨日トッティに何を言われたか?彼は息が切れていて喋れなかったよ。

ローマのファンにはすでに色々話してきた。それ以上のことはないよ。ボカに入ってからすぐに話すさ」

と話したという36歳のデ・ロッシ。金曜日にボカ・ジュニオルスへの加入が公式発表される予定だとのことだ。