17日、2022年ワールドカップ・アジア2次予選の組み合わせ抽選会が行われた。その結果は以下の通りとなった。

グループA:

中国、シリア、フィリピン、モルドバ、グアム

グループB:

オーストラリア、ヨルダン、チャイニーズタイペイ、クウェート、ネパール

グループC:

イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア

グループD:

サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール

グループE:

カタール、オマーン、インド、アフガニスタン、バングラデシュ

グループF:

日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル

グループG:

UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア

グループH:

韓国、レバノン、北朝鮮、トルクメニスタン、スリランカ

日本代表はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同じグループとなった。サッカー好きの朝青龍氏は日本代表との対戦を喜んでいるだろう。