南米の大陸別選手権であるコパ・アメリカ2019が14日に始まった。

初日には開催国ブラジルが登場。大会直前でネイマールが離脱する緊急事態に見舞われたが、フィリペ・コウチーニョが2得点を決めてボリビア代表に3-0で快勝した。

ただ試合は前半にゴールが生まれず、後半も早い時間に2点が決まったこともあってあまり盛り上がらないものに。

そんな雰囲気を一変させたのがこの目の覚めるような一発だった!(動画1分33秒から)

85分、途中投入されたエヴェルトンが左サイドからドリブルで切れ込み右足で一閃!

キャノン砲のようなシュートは一直線にゴール右サイドのネットに突き刺さり、ボリビアの守護神カルロス・ランペは一歩も動くことができなかった。

エヴェルトンはグレミオ生え抜きの23歳で、チッチ監督になってブラジル代表に呼ばれるようになったアタッカー。かつて「NEXTネイマール」と呼ばれ、マンチェスターのシティとユナイテッド両クラブが獲得に乗り出したと報じられたことも。

この一戦がセレソン7試合目の出場だったが、これが嬉しい初ゴールとなった。

【関連記事】世界に飛び出すであろう若きブラジル人選手9名

そのエヴェルトンは試合後、「代表に選ばれチームを助けることができて幸せだよ」と喜びを語っている。