フランスで開催中のトゥーロン国際大会で決勝へ進出したU-22日本代表。

歴代スター選手を輩出した伝統の国際大会で、日本も例年ユース代表を送り込んでいるが決勝への進出はこれが初のこと。15日には初優勝をかけ、ブラジル代表と決勝で対戦する。

そんな同大会は毎節、MVPの選手を数人選出しているのだが、実はここまでの4試合中3試合で日本の選手が選ばれている。

現地で評価された選手とは?

田中 碧

田中碧

所属クラブ:川崎フロンターレ

グループステージの初戦で大会3連覇中のイングランドと対戦した日本。試合は1点を先制されたものの大南拓磨、長沼洋一のゴールで逆転勝利した。

ただこの節の“MVP”3名のなかに選出されたのはMF田中碧。

J1連覇を成し遂げた川崎で出場機会を掴み、評価を急上昇させている20歳はこれがU-22代表へ初選出だったが、その的確な配給能力とボール奪取力でチームの屋台骨となっている。

その存在感はコパ・アメリカにいないのが残念と思うほど。一気にこの世代でレギュラーに上り詰めそうな雰囲気さえある。