『Corriere dello Sport』は27日、「インテルはアントニオ・コンテ新監督の招聘に2500万ユーロ(およそ30.6億円)を必要とする」と報じた。

今シーズンはルチアーノ・スパレッティ監督の指揮の下、セリエA優勝こそ逃したものの、チャンピオンズリーグ出場権を獲得することに成功したインテル。最終節ではエンポリを2-1で撃破した。

しかし今夏はそのスパレッティ監督を解任することがほぼ決まっており、アントニオ・コンテ氏を新たな指揮官に迎える予定だ。

そして今回の記事によれば、この指揮官交代を行うに当たって必要な額はなんと2500万ユーロに達するとのこと。

これはスパレッティ監督やスタッフらの解雇にあたって支払わなければならない違約金だそう。

さらにアントニオ・コンテ氏の給与は年間1200万ユーロ(およそ14.7億円)が提供されるとのことで、その3年契約になる予定だ。

つまり、違約金2500万ユーロ+コンテ氏の給与3600万ユーロで、監督交代には6100万ユーロ(およそ74.8億円)が必要になるそう。

【関連記事】インテルの来季を担う超新星L・マルティネス、彼女はこんなに美しい

連覇中のユヴェントスがアッレグリ監督と別れたため、来季はより混沌とした戦いになりそうなセリエA。確かにインテルにとっては願ってもない優勝のチャンスになるのだが…。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名