この30年の間に飛躍的な発展を遂げた日本サッカー。

一方で昨夏のワールドカップではベスト8入りをあと一歩のところで再び阻まれるなど、いわゆるトップとの距離はなかなか詰められていないのが現状だろう。

日本と世界…抽象的ではあるがこの差を詰めるにはどうしたらいいのか?欧州で2シーズン目を戦い終えたフローニンゲンの堂安律が語ってくれた。

日本代表の組織力や協調性は、世界一になれるだけのものがあるという堂安。

一方、課題については世界の選手と「全くレベルが違う」と断言し、その双方を上手く伸ばしていかなければワールドカップで上を目指すことは難しいという意見を持っているようだ。

【関連記事】堂安律、「世界レベル」と絶賛された超ゴールがこれ(動画あり)

また、堂安は先日フローニンゲンからバルセロナへの移籍が決定した18歳のルドヴィト・ライスと日頃から接し、高い意識で取り組む彼から大きな影響を受けたことを明かしている。