昨季は鹿島アントラーズが優勝したACLチャンピオンズリーグ。今季のグループステージの戦いが大詰めを迎えようとしている。

中島翔哉と塩谷司が同居したグループCは明暗が分かれることに。第5節エステグラル戦に1-1で引き分けた中島のアル・ドゥハイルは決勝トーナメント進出が決定した。

一方、塩谷のアル・アインは第5節を戦う前にグループステージ敗退が決まってしまった。

【関連記事】日本代表、評価を一変させた3名

なお、決勝トーナメントは6月から行われる。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら