鹿島アントラーズは24日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第4節で慶南FC(韓国)をホームに迎えたが0-1で敗れた。

鹿島は2週間前に行われた敵地での同カードで逆転勝利を収めたが、この試合は犬飼智也、町田浩樹の両センターバックが出場停止。18歳の関川郁万が先発起用されたものの、今年の高校サッカー選手権を沸かせた大器のデビュー戦を勝利で飾ることはできなかった。

【関連記事】冨安に負けない!国内に控える怪物センターバック5名

しかも、慶南の決勝点を決めたのは元U-19日本代表の邦本宜裕!そう、日本人だった。

63分、慶南のクロスに対して鹿島のマークが曖昧となり、ファーサイドへ飛び込んだ邦本が膝でゴールへと捻じ込んだ。

邦本は16歳の時に浦和レッズでデビューし、その馬力のあるプレーからあのルーニーと比較された逸材。

その後は素行などの問題から日本での居場所を失い、昨年、韓国へ渡ったが、今季のKリーグ開幕戦でゴールを記録するなどチームの主力として活躍している。

1997年生まれのまだ21歳。昨シーズンのアジア王者である鹿島から値千金の決勝ゴールを奪ったことで、五輪代表入りへの期待も高まることだろう。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら