最後はやや躓いたものの、余裕のリーグアン連覇を決めたPSG。だが、UEFAチャンピオンズリーグではまたしても失意を味わった。

『RMC Sport』によれば、クラブはリザーブやユースチームの再編を行っているという。その一環として、久保建英ら有望な若手選手の引き入れに躍起になっているようだ。

一方、現在保有する若手選手については、適正なオファーがあった場合に退団を認める意向だという。

クリストフェル・エンクンク(21歳MF)、スタンリー・エンソキ(20歳MF)、ムサ・ディアビ(19歳FW)、エリック・エビンベ(18歳MF)、アルトゥル・ザグレ(17歳DF)、ロイク・エンベ・ソー(17歳DF)らもそこに含まれているとされている。

【関連記事】新時代を担え!いま最も期待される10代の宝石たち

見切るにはあまりに早い年齢の気もするが…。