コスタリカの強豪デポルティーボ・サプリサが3日、2019年のサードユニフォームを発表した。そのデザインテーマが何と「日本」ということで注目を集めている。

これは日本で開催された2005年のFIFAクラブワールドカップで、サウジアラビアのアル・イテハドを破り「世界第3位」となったことを記念したもの。随所に日本語や日の丸をあしらったデザインに仕上がっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Deportivo Saprissa 2019 Kappa Third

デポルティーボ・サプリサ 2019 Kappa サード ユニフォーム

クラブカラーのパープルで彩った日の丸をバックに、日本語で「世界第3位」の文字が強烈なビジュアル!

2005年のクラブW杯は準決勝でリヴァプールに敗れたが、3位決定戦ではアル・イテハドに3-2で勝利。大会常連のメキシコ勢以外では、北中米カリブ代表で唯一の3位を経験している。この事実は、この様なユニフォームを作ってしまうほどに重いということだろう。

デポルティーボ・サプリサ 2019 Kappa サード ユニフォーム

キットスポンサーは中央のカエルが目に付いてしまうが(kölbiはコスタリカの通信事業者)、左鎖骨には「TOYOTA」のスポンサーロゴが付く。日本にインスパイアされたデザインに日本企業のロゴで、何とも不思議な感じがする。