ブンデスリーガで王者バイエルン・ミュンヘンと熾烈な首位争いを展開するドルトムント。

そのなかで圧倒的な存在感を放っているのが、ドイツ代表FWマルコ・ロイスだ。29歳になった彼はキャリアハイともいえるパフォーマンスを披露している。

そのロイスについて、同僚MFトーマス・ディレイニーが語った。『Eurosport』によれば、インタビューでこう述べたそう。

トーマス・ディレイニー(ドルトムントMF)

「彼はピッチ上で一番喋る人間ではないかもしれない。

でも、試合におけるリーダーだよ。技術的にも戦術的にもね。

もし彼がそこにいるなら、僕らの前には道が切り開かれている。彼が僕らを導いてくれていることは分かっているからね。

彼の代わりはいない。それはいいことでもあるし悪いことでもある。

もしメッシがいなくなってしまったら、バルセロナも問題を抱えてしまうよ」

バルサにおけるメッシのように代えがたい存在だと語ったという。

【関連記事】「CL、グループステージでがっかりだったワースト11」

直近のリーグ戦には敗れてしまったドルトムント。ミッドウィークに控えるCLトッテナム戦で1stレグの3点差を撥ね返すためには、故障から戻ってきたロイスの活躍が不可欠だ。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら