冬の移籍市場も残りあとわずか。ゴンサロ・イグアインに次ぐ、大物のプレミアリーグ参戦はあるのか。

ここでは、『sportskeeda』による「プレミアリーグで最悪だったレンタル移籍ワースト5」を見てみる。

シモーネ・ザーザ

シモーネ・ザーザ

2016-2017年1月、ユヴェントス⇒ウェストハム

2016年夏、ハマーズは500万ポンド(7.2億円)のレンタル料でザザを獲得。もしプレミアリーグで一定の試合出場に達した場合、2000万ポンド(28億円)で買い取るというオプションが付いていた。

だが、この移籍は惨事となってしまう。ロンドンでのザザは11試合で0ゴールに終わったのだ。

最後のほうには試合メンバー入りさえできず…。結局、2017年1月にローンは打ち切られた。