今季のJ3で首位を独走しているFC琉球。

本日18時からホームで開催される第30節ザスパクサツ群馬との試合に引き分け以上の結果を残すと、自力優勝とJ2昇格が同時に決定する。

2003年の創設から15年、J参入からは5年。今まさに沖縄サッカーの歴史を塗り替えようとしている彼らの注目選手を紹介しよう。

中川風希

中川風希

“超”攻撃的なスタイルでJ3を席巻するFC琉球の中心となっているのは、スペインからの“逆輸入”でJリーグ入りした異色のアタッカーだ。

武南ジュニアユース、武南高校、関東学院大と進み、2季スペイン下部(5、4部)での経験を積んだ中川は、2017年にFC琉球へ加入した。

元々は身体能力に優れたFWであったが、子供の頃の憧れだったという中田英寿のように琉球では攻撃的MFとして才能を発揮している。

特に今季は4-1-4-1のインサイドハーフのポジションを担い、ここまで13ゴール・10アシストとリーグ最高といってもいい素晴らしい成績を残している。