『Mirror』は3日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、バレンシア戦後に奇妙なジェスチャーをした」と報じた。

火曜日に行われたバレンシア戦で0-0と引き分けたあと、「攻撃しろ」とブーイングするファンに向かって小指を立てるジェスチャーをしたモウリーニョ監督。

その意味についてははっきりしておらず、評論家やファンの間では様々な議論が行われている。

ファンの反応について記者会見で聞かれたモウリーニョ監督は以下のように話したと伝えられている。

また、モウリーニョ監督は記者会見で「スコールズが批判しているが?」と聞かれ、以下のように話したとのことだ。

ジョゼ・モウリーニョ

(スコールズが批判しているが)

「彼が何を言っているのか、それを理解する必要はない。

彼は自分が思うことを言ったのだ。私は興味がない。正直に言って、私は興味がない。

言論は自由だ。ここは自由な国だ。誰もが望むことを言えるのだ」