『Mirror』は3日、「マンチェスター・ユナイテッドのDFアントニオ・バレンシアは、ジョゼ・モウリーニョ監督解任を求める投稿をして謝罪した」と報じた。

先週末にウェストハム・ユナイテッドとの試合を行い、1-3で敗れてしまったユナイテッド。その後火曜日にはバレンシアとのチャンピオンズリーグを戦っており、0-0の引き分けに終わった。

勝てない試合が続き、ファンからの反感が高まっている状況。そんなタイミングで、アントニオ・バレンシアはteamvalencia25(ファンアカウント)のこんな投稿に「いいね」を押していた。

teamvalencia25

「この試合の結果には驚いていない。何かを変える必要がある。モウリーニョは離れるべき時だ」

発見したファンの間では大きな話題となり、「こっそりバレンシアがモウリーニョ解任を求めている」と噂に。

そしてその後バレンシアは自身のツイッターで以下のように投稿し、内容を見ていいねをしたわけじゃなかったと説明した。

アントニオ・バレンシア

「昨日、僕は写真に付随した文章を読まずにInstagramの投稿に『いいね』した。これは僕の見解ではないし、謝罪したい。

僕は監督とチームメイトを全面的にサポートしている。我々は結果を改善していくために全力を尽くしているよ」

ただ、バレンシアは未だに英語があまりうまくないことから、ファンからは「彼は英語が話せないのに、ツイートはAレベルの学生よりいい」だの「100%ユナイテッドのスタッフが書いているね」だの言われているという。

なお、バレンシアはバレンシア戦(ややこしい)のあとのインタビューでこのように語っており、モウリーニョ監督への支持を明らかにしている。