FIFAアワードで男子の年間最優秀選手賞を受賞したクロアチア代表MFルカ・モドリッチ。

同賞は各国の監督、キャプテン、ジャーナリスト、そしてファンの投票によって決まる。それぞれ3人まで投票できるのだが、日本代表の森保一監督、そして長谷部誠(元)キャプテンは誰に票を入れたのか…。

発表されている公式資料で調べてみたぞ。

森保一監督:1位 モドリッチ、2位 クリスティアーノ・ロナウド、3位 キリアン・エンバペ

長谷部誠:1位 モドリッチ、2位 クリスティアーノ・ロナウド、3位 アントワーヌ・グリーズマン

3位だけ分かれたのはおもしろい。

なお、得票率はモドリッチが29.05%、ロナウドが19.08%、エンバペが10.52%、グリーズマンが6.69%だった。