ワールドカップ後に森保一監督を招聘した日本代表。来月の代表戦に向けた新たなメンバーが近く発表になる。

注目点のひとつは、代表から引退した長谷部誠の“後任人事”だろう。ここでは、ポスト長谷部になりうるJリーガーを特集する。

稲垣祥(サンフレッチェ広島)

稲垣祥

シーズン序盤からJ1首位を走っている広島。城福監督が指揮する“闘うサッカー”の象徴ともなっているのが稲垣であろう。

中学時代までFC東京の下部組織に在籍し、元々はテクニシャンタイプの選手だったという稲垣。しかしU-18へ昇格できず、帝京、日本体育大学と進学する中、運動量を武器としたハードワーカーとしてのプレースタイルを確立した。

彼を一言で形容するなら、敵を追い回す“闘犬”そのもの。無尽蔵のスタミナとJ1屈指のボール奪取能力は、かつてのイタリア代表で現ミラン指揮官のガットゥーゾを彷彿とさせる。

ちなみに稲垣が広島に加入したのは2017年。まだ森保監督が率いていた頃だった。しかし彼は本領を発揮できず、森保監督はシーズン途中、成績不振で辞任を余儀なくされることとなった。

あの頃から一回りも二回りも成長した姿を、日本代表で見せたいところだ。