ロシアの地でも大きな存在感を放ったNikeから、新たなスパイクが発表された。

Nike PhantomVSN

ナイキ ファントム ビジョン

名前は『ファントム ビジョン』。

ボールコントロールを重視したモデルで、2014年の登場以来親しまれてきた『マジスタ』に代わる新サイロとなる。

開発に携わったNikeのデザイナー、フィル・ウッドマン氏の言葉を交えながらこの新スパイクを紹介したい。

ナイキ ファントム ビジョン

「ほとんどの足の形によく馴染んでフィットし、形を維持して伸びすぎることのない、シューズの内側に用いるクワッドフィットメッシュブーティを開発しました。クワッドフィットは足を締め付けることなく包み込んでくれます」

このようにウッドマン氏が語る『ファントム ビジョン』は、フライニットとクワッドフィットの2層構造が大きな特徴。

ナイキ ファントム ビジョン

クワッドフィットは、通常の織り素材に見られるような斜め方向の伸縮がなく、繊維が4方向に伸縮することでプレイヤーの足に馴染み、全方向へのサポートを提供。これはユニークな繊維の性質と、それぞれの繊維の間に隙間があることにより作用するものだ。その隙間が足の荷重を分散させることにより摩擦を抑え、その結果、一人一人大きく異なる足の形にも関わらず、優れたフィットを提供できるようになったという。

「プレイヤーはスパイクを履き慣らすまでの大変さを当たり前だと感じています。しかし、ファントム ビジョンは新品でも試合にすぐに使える状態になっています」

ナイキ ファントム ビジョン

また『ファントム ビジョン』は、フライニットの下にシューレースを配したゴーストレースシステムを採用。近年はシューレースのないスパイクも存在しているが、ウッドマン氏は研究の結果シューレースが必要という結論に至った。

「本当にたくさんのリサーチを行い、プレイヤーの意見を聞き、研究室でデータを分析しました。その結果、一人一人のプレイヤーが求める自分にあったフィットを提供するためには、シューレースの使用が望ましいことがわかりました」

ナイキ ファントム ビジョン

ただ、これまでのシューレースをより良くするため、ゴーストレースは足との接触点を最低限に減らし、一度紐を引くことで前足部まで均等にシューレースの圧が分散するような構造にしている。シューレースは目立たないように折り込むことで、打球面が均等になるとのことだ。

【次ページ】“三角形”が正確なボールコントロールに貢献