『Ghanasoccernet』は6日、「ペルシブ・バンドンの会長は、元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンの退団を認めた」と報じた。

かつてリヨンやチェルシーで長く活躍を見せ、その後レアル・マドリーやミランでもプレーしたエッシェン。

一昨年ギリシャのパナシナイコスを離れてからしばらくフリーエージェントになっていたが、昨年インドネシアのペルシブ・バンドンに加入した。

2017年は29試合に出場して5ゴールを決めていたが、今季は外国人枠の問題で選手登録されていなかった。

そのためエッシェンの去就は不透明となっていたが、今回ペルシブ・バンドン会長のグレン・スギタ氏が「契約は解除されている」と認めたとのこと。

なお、シンガポールのクラブがエッシェンの獲得に関心を抱いていると言われている。