先週末に行われたセリエA第34節の天王山、ユヴェントス対ナポリ戦。

ゲームは試合終了間際のゴールによりナポリが0-1と勝利し、王者ユヴェントスに3つ目の黒星をつけた。

この結果、首位ユヴェントスと2位ナポリとの勝点差はついに「1」にまで縮まり、7連覇を目指すユヴェントスとしては非常にプレッシャーのかかる状況となった。

しかし、そうした悔しい結果に終わりながらもGKジャンルイージ・ブッフォンが見せた行為に称賛の声があがっている。

試合後、ブッフォンはナポリの選手たちとしっかり握手、抱擁していたのだ。

ゴールを許したブッフォンが誰よりもショックを受けていたはずだが、それでも勝者を称える行動はまさにプロの鑑!

ブッフォンは決勝点を決めたカリドゥ・クリバリともしっかりとハグをしているが、なかなか試合後すぐにできることではない。