51歳になった今シーズンも元気な姿を見せている横浜FCの三浦知良。

先週末に行われたJ2第7節のツエーゲン金沢戦では 野村直輝との交代で74分からピッチに入ると、こんな美技を披露した。

※04:36から

0-3とリードされ迎えた85分、横浜FCは左サイドで細かくパスを繋ぎボールはカズのもとへ。

するとカズはトラップで前を向くと、対峙していた梅鉢貴秀をかわしシュートへ!ボールはミートせず枠をとらえることはできなかったが、ニッパツ三ツ沢球技場は一瞬盛り上がりを迎えた。

カズはここまで3試合に出場。いずれも途中出場であるが、この日は16分という今季では最も長いプレー時間を与えられた。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています