『L'Equipe』は3日、「トロワのGKエルウィン・ゼラズニは、今季のセーブ数記録を更新した」と報じた。

3日に行われたトロワ対PSGの試合は0-2という結果で終了。チャンピオンズリーグに向けてメンバーを大幅に落としたPSGが、アンヘル・ディ・マリアとクリストフェル・エンクンクのゴールで勝利した。

しかしその一方、トロワのGKエルウィン・ゼラズニは再三のピンチを防ぐなど活躍。

記事によれば、彼がこの試合で記録したセーブ数は「11」。これは今季のリーグ・アンで最多の数字だという。

昨季はバスティアのGKトマ・ヴァンサンシニがアンジェ戦で「12」というセーブ数を記録したが、ゼラズニの数字はそれ以来のものだったとのこと。

必死のセーブを見せたものの、勝点には繋がらなかったゼラズニ。しかし、今後迎える厳しい残留争いに向けて調子は上向きのようだ。