ワースラント=ベフェレンで活躍中の森岡亮太。

24日(水)に行われたリーグ戦の第23節、アンデルレヒト戦でまたもやアシストを記録した!

0-0で迎えた11分、自陣でボールを奪ったベフェレンはダイレクトのパスから縦に素早くボールを送り、右サイドからのパスを森岡がワンタッチで逆サイドへと送る。

対峙していたウロシュ・スパイッチの足は森岡にかかっていたもののこれがプレーオンとなり、最後は裏に抜け出したナナ・アンポマーがゴールを決めた。

森岡は先週末に行われたシント=トロイデン戦に続き2試合連続のアシストとなり、これで今季のアシスト数は「11」となった。

試合は2-2のドローで終えたが、森岡は自身の獲得に興味をいだいているというアンデルレヒトに強烈なインパクトを与えた。