元フランス代表DFマルセル・デサイーが7日に行われた「ゴールデンフットボール賞」の表彰式に出席。

インタビューに応じた彼は、プレミアリーグで出遅れた古巣チェルシーについて「まだ優勝争いから脱落していない」と語り、ここからの巻き返しに期待を寄せた。

昨季、圧倒的な強さでプレミアリーグを制したチェルシーだが、今季は開幕からやや躓き現在4位。マンチェスター・シティの快進撃が続いていることで、厳しい状況に置かれている。

またデサイーは、先日、現役引退を発表した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロについても言及。

彼の選手としての資質を賞賛するとともに、引退後について「運営側でサッカー界に戻るか監督としてベンチに座りたいようだ」と明かし、今後の動向を見守っていきたいと話した。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名